お知らせ

お墓の 「金具」について 花立 ・ 線香立 ・ ロウソク立

  • 新屋店
  • 2019年10月28日

こんにちは。
新屋店 山田です。
朝晩が寒くなり木々の葉も色づき始めてきましたね。
早いもので今年もあっという間にこの季節になりました。

今回は、お墓の「金具」についてお話したいと思います。
お墓に使われる金具は主に3つ。
それは、花立 ・ 線香立 ・ ロウソク立 です。

左の写真は、20~30年前に建てられたお墓の線香立・ロウソク立です。
土台の石に穴を空け、金具をモルタルや接着剤で固定しています。
非常に頑丈に固定されているのですが、やはりお墓は雨、風、雪に晒されます。
稀に取れてしまうことがあるんです!

最近お付けさせていただいているのは右の金具です。
石には穴を空けず、石材用シーリング材で接着しています。
線香立は中央部分が取り外しできるようにネジになっており、お掃除がしやすくなっています。
(以外に気が付いていないお客様が多いかもしれません)

扉付き香炉やかまくら型香炉をお使いであれば、上の写真のような一体型金具も便利です。
こちらは香炉の扉の中、あるいは屋根の下に設置することになりますので、敢えて固定しません。
外に取り出してロウソク・線香を供えていただき中に戻す、といった使い方になります。
写真は寝線香用の一体型金具。
「ロウソク立付線香皿」といいます。
真宗大谷派などの宗派の方にはこちらをお勧めしています。
曹洞宗など禅宗の方には、線香立のタイプもご用意しています。

花立も取り外し可能なカップ式になっています。
冬に溜まった水が凍っても、これであれば割れる心配がありません。
主にこの3つがお墓に使用する金具です。
ステンレス製ですので錆にも強く耐久性があります。
常時、秋田石材各店舗に在庫しておりますので、お入り用の際には是非ご来店ください。