お知らせ

遠藤章博士顕彰碑

  • 本荘店
  • 2021年10月20日

遠藤章博士顕彰碑

由利本荘市出身の応用微生物学者で「第2のペニシリン」とも評される
高脂血症治療薬「スタチン」。その第一号となる「コンパクチン」の発見により
ノーベル賞の有力候補としても知られています。
2021年は残念ながら受賞にはなりませんでしたが、来年以降の受賞に期待されています。

そんな国内外で数々の栄誉に輝いた遠藤章博士の顕彰碑が東由利球場の近く
本荘高校下郷分校跡地に建立される事になり
この顕彰碑の施工を秋田石材で担当させていただきました

顕彰碑のデザインは「自然界から発見されたスタチンが世界の人々を救う」を
コンセプトに株式会社 オレンジヘッドの土田 卓哉氏が設計・デザイン
台座は自然界を表現、本体はスタチンの発見から完成までの博士の研究過程を表現し
側面中央部は博士の研究開発過程の内なるエネルギーを表現したデザインになっています

顕彰碑上部の球体状のヘッド部分には最初に発見されたコンパクチンの化学式の彫刻が
あり、本体部分には遠藤博士の肖像が入った顕彰碑と
博士の生家から見える鳥海山をイメージした
モニュメントの二つからなっており、モニュメントには
博士が次世代へと贈る”努力”というメッセージと
実寸の手形レリーフが設置され実際に顕彰碑を訪れた方が
遠藤博士の気概や信念に触れられるようになっています

裏側にはプレートで博士の受賞歴と経歴が紹介されており、博士の生い立ちや
経歴、数々の受賞や叙勲が一目でわかるようになっています

顕彰碑や記念碑等、石にまつわる事ならなんでも
秋田石材にお気軽にご相談ください

お問合せはこちらまで: 〒015-0013由利本荘市石脇字田尻野2-57
            株式会社 秋田石材 本荘店☎0120-14-4172