お知らせ

秋田のお墓 【冬編】 冬のお墓づくり 滑り止め

  • 新屋店
  • 2019年2月11日

こんにちは。
新屋店の山田です。
今回は冬のお墓づくりについての第2弾です。
秋田市内はとにかく雪が少ないです。
お客様とのお話も、大体その話題です。
「今年はまんずゆぎねなあ」「んだすねえ」「んだども何だかんだで帳尻合わせくるべなあ」「まだ2月だすものね」
「さすがにあどだばこねんでねえ」「わがんねすよお」
とは言ったものの、冷え込みは例年と変わりませんね。

お墓の石は磨き仕上げ加工しています。
表面はツルツルに仕上げているのです。
皆さんはお墓参りの際に、お墓の石の上で滑った経験はありますか?
磨いた部分が濡れているときが一番滑るんです。
この時期、道路が凍結しアイスバーン、ブラックバーンというのを聞くと思います。

凍結した路面に、うっすら雪が積もったりするとツルっと滑ってしまいます。
掲載した写真は、実はお墓の踏石の部分です。
お家で言えば玄関ですね。
この部分に上がってお墓に拝む形になります。
白い模様に見えると思いますが、その部分が滑り止め加工を施した部分です。

左のようなシンプルなデザインから、上の写真のような模様までお選びいただけるようにご準備しています。
お墓の彫刻は、字の書体などに目が行きがちですが、こうゆう所もデザインに大きくかかわってきます。
お墓づくりをお考えの方は、この時期にこそ是非その目でご確認いただければと思います。

新屋店は全天候型ショールームとなっています。寒い冬でもゆっくりとご覧になっていただけます。
提案図面、御見積りは無料でおつくり致します。
お気軽にご相談ください。